母を泣かせた


九州に滞在して、10日余り‥。耳がだいぶ遠くなった母と、時にマンガのように噛み合わない会話を交わしながら実家での穏やかな日々を過ごしております。

とはいえ、3度の食事の支度と掃除洗濯以外は母と二人コタツでテレビを見ながら会話する以外に無い生活はやはりだんだんとフラストレーションが溜まってくるもので‥

そんな中

母がふいに涙ぐんだ顔で「寂しい‥」と。

「何が?」「私が東京にいるのが?」と聞くと

母はうなずいて、二人ともそこで黙ってしまった‥。

一昨日は、従兄弟が訪れて「りえちゃん、福岡に帰ってこんね。」と言って、さらにはこっちで再婚したらよかとまで言う‥めんどくさいので「あはは‥良い人がいたらお願いしますね。」といい加減な返事をしておいた(笑)

ごめんね、ここに私の居場所は無いから‥

先日実家の庭の木の剪定をしてもらったら、母が丹精込めて育てた沢山の植物が本当に活き活きと輝いて庭の中に七色の光の帯が見えた。

庭の主である母が久しぶりに帰ってきたからかしら‥

私も、東京の自宅で待っているチャロサンに早く会いたいなぁ‥

カテゴリー: ひとりごと, リエコズ ストーリー, 家族, 故郷, 日常生活 | 2件のコメント

まさかの‥


先日ブログを投稿して‥母の手術の成功を見届けた後、新幹線で東京に帰る‥はずだった。

けど、今私はまだ九州の実家にいます。

手術待ちで近くのスタバでコーヒーを飲んで、さてそろそろ病院に移動しようとした時「手術が来月になった」という妹からのメール😧

「え?は⁉️今日は‥❓」「中止」

母の手術の前に行われていた手術の患者が、合併症を起こして緊急手術になったということらしい。仕方ないことと理解しつつも、なんだか納得出来ない気持ちで病院に向かい‥母のいつもと変わらぬ表情に少し安心して、妹と2人で主治医の先生の話を聞いた。マンニヒトツモオコリエナイコトガオキテシマッタ‥ということらしいです‥

では、母の手術はいつ出来るのか?手術が延期になることで、母の病状は大丈夫なのか?

そこに関して、明確な答えは得られない。

既に決定しているこれからの手術の日程を動かすことは出来ないので、手術は一ヶ月ほど先になる‥手術が延びて母が大丈夫なのかというと、それはなんともいえないが、だからといって緊急の事態だともいえない‥だから次に手術が可能な日までは退院して自宅療養してほしい‥と。

そんな説明で納得いくわけもない‥

ただでさえ、妹は仕事と出産したばかりの姪と初孫である赤ちゃんの世話、そして施設に入所した父が寂しくないように日をおかずに訪れている。

私はこの日母の手術を見届けてから帰るつもりだったのだけれど、突然の手術中止により途方にくれている妹の様子を見ると、帰るに帰れなくなった。一時退院する母を、せめて手術の日まで私が療養させてあげなければ‥

ということで、実家に母を連れて帰り、しばらくの間母の世話をすることになった。

妹がこちらの状況を訴えてくれたせいで、手術の日程は若干早くなり、その日は何があっても必ず手術をしてくれると主治医の先生が約束してくれた。

手術まであと2週間。まさかの福岡ライフとなりました。

カテゴリー: リエコズ ストーリー, 家族, 故郷, 日常生活 | 2件のコメント

そして‥


今、郷里の福岡に来ています。新幹線で5時間のこの距離も、何か楽しめるものにしていかなければという私の気持ちを察するかのように‥いつも車窓の富士山は美しい✨そして、駅弁も美味しい‥けど、やっぱりちとお味が濃くて喉が乾きました(笑)

今回はコロナウィルスの感染が広がっている関東から九州入りするにあたり、先ず大きく2つの決断をいたしました。マスク装着、アルコール消毒グッズの携帯は当然のことながら、必要最低限の滞在と身内とも必要最低限の接触に留めること。

なので実家にも妹宅にも泊まらず昨夜はホテルに一泊し、美味しいものがたくさんある博多の街に出ることもなく(泣)空気清浄機のあるホテルの部屋にクレベリンを置いて(笑)食事も部屋で済ませました。

昨日は、博多に着くとそのまま父親が入所した施設に向かい久しぶりにゆっくり話をしました。父は‥行動が制限される施設の日常に不満が溜まっており、散々施設の悪口をぶちまけておりましたが、母の手術の話になるとポツリと「お母さんがおらんごとなったら、お父さんも生きとられん。」「お母さんは大黒柱やけん。」

これまでのような母と二人の生活はもう望めないことを告げる勇気もない私は、ただ聞いているしかありませんでした。

今日は母の手術の日。手術の時間までスタバでコーヒーを飲みながら、不思議と母の手術に関して全く不安が無いのは一昨日のタロットの結果が良かったからかな🍀

私の日常はこれからどう変わっていくのだろう‥

少なくとも、私は自分が望まない方には進まない。

だって、梶原梨笑子だもん(笑)

カテゴリー: ひとりごと, リエコズ ストーリー, 家族, 故郷, 日常生活 | コメントをどうぞ

おい!


コロナウィルスの影響で全く手に入らなくなったマスクが、とあるお店にはまだあるという情報を聞き、早速行ってみた・・・けれど、やっぱりもう無かった。。。
そりゃそうだよね・・・
みんなマスク買いにきてるみたいだし・・・


しかたなく,他に買うものはないかと店内をうろうろしていたら・・・
不意に


おいっ!


という声がした。
振り向いたら、年配の男性が奥様を呼ぶ声だった。
・・・自分が言われたわけではないけど、なんか無性に腹が立った。

おい!ってナニ!?

ご自分のパートナーを呼ぶのに「おい!」って・・・

私なら「おい!」って呼ばれたら無視します。

ご自分が「おい!」って呼ばれたらどんな気持ちがするんだろう???

長年連れ添ったであろう大切なパートナー・・・

せめて奥様の「名前」で呼んで欲しい・・・

おいっ!
では悲し過ぎる・・・

カテゴリー: ひとりごと | コメントをどうぞ

しあわせのかたちは‥


九州の実家から東京の自宅に戻って10日余りが経ちました。

1年1年‥自分を含め確実に歳をとっていく周りの状況、いつまでもこのままでいられるわけもないことはわかっていたはずなのに、いざその時がくると、やはり狼狽えてしまう‥

母は手術をしなければもう心臓がもたないらしく、しかしその手術に体力的に耐えられるか来月初めに検査入院することになっていて、それとは別に今肺炎で入院している父が退院したらどうするかということでも私たちは頭を悩ましていたのだけれど‥。

選択肢はひとつ‥施設に入所してもらうしかない。が、父はそれを承諾してくれない。家で一人、母の帰りを待つと言う。そんなことは無理だと言っても聞いてくれない‥

困った‥どうしたら良いのだろう‥

もう一度九州に帰って、私も父を説得しに行こうか‥

と思っていた矢先、妹からメールがきた。

お父様が施設行き納得してくれたよ

良かった‥と返信しながら、なんだか切なくなった。

せっかく長生きをしている両親の日常をなるべく幸せな形にしてあげるには‥

幸い、妹は幸せに再婚をして、その娘、両親にとっては孫にあたる姪も近々出産をしてひ孫を見せてあげられることになっている。

そして私は‥せめてもう少し帰省を増やして顔を見せに行くことくらいしか出来ないかなぁ‥

ハワイで2人きりの挙式‥幸せそうな妹夫婦✨

カテゴリー: リエコズ ストーリー | コメントをどうぞ

父のこと‥母のこと‥


今、九州に帰省しております。

九州の実家の近くにいる妹が再婚して、かねてから予定していた新婚(再婚?)旅行に行こうという時に‥実家の母が2月に大動脈流狭窄症で手術をすることになり、重ねて父が肺炎で入院という非常事態、ここは長女の私の出番ということになりました。

母は91歳‥父は95歳‥まだ頭はしっかりしてくれていますが、妹が近くで何かと世話をしていてくれたとはいえ、超高齢老夫婦の生活はもう限界‥。

先日、父の入院する病院に母とお見舞いに行った時の光景が目に焼き付いて離れません。

足腰こそ弱ってきたものの、いつも元気で大きな声で母には偉そうに指図する父が弱ってしまったのは、恐らくは母の手術のことが気になってのことではないかしらと思ってはいたのですが‥

そろそろ帰るねと病室を出ようとした時、父は母の手を握って

「先に逝ったらいかんよ。」

と言ったのでした。

妹が旅行から戻るタイミングでひとまず東京に帰り、私もこれからのことを考えなければ‥

カテゴリー: リエコズ ストーリー | 4件のコメント

今年もお世話になりました


今年もあと数時間となりました。

皆様にとって、この一年はどんな年だったでしょうか‥

私にとってこの一年は‥本当に色々なことがあった年でした。

友人や親戚などの悲しい別れがあり、わたし自身の気持ちの中でも手放したものもあり‥

今年は私的には地味に動いた年でしたが‥笑来年は年明けから動かされまくる(笑笑)年になりそうです。

今年もたくさんの方にお世話になり、ありがとうございました🍀

どうぞ来年もよろしくお願いいたします🤲

カテゴリー: ごあいさつ | コメントをどうぞ

8月、9月のリエコズ バー


今日も死ぬほど暑かったですねー💦

私は今日一日かけて‥大阪の山奥にお墓まいりに行ってきました。毎年今頃、お世話になっている霊園の方々へのご挨拶とお墓のお掃除、そして家族の近況を故人に伝える為に。

思い起こせば、故人は名前の画数を含め23に縁のある人で‥文月ふみ日生まれ、文字通り本を読んだり手紙を書いたりが好きな人で‥彼は命日までふみの日でした。

名前も数字も、なんだか繋がってる‥そう考えるとますます不思議です。

もっともっとその繋がりを知りたくなります。

‥で、私、考えたのです。

リエコズ バーをもっと面白くする為に(私が個人的に面白がってるだけかもですが😅)

これからのリエコズ バーはひとつテーマを決めてやっていこう‼︎

例えば、8月は葉月‥苗字か名前に「葉」の字が入っている人、或いは「八」でもいいし、ただ「は」の音がどこかに入っている人でもいい‥何故なら「は」の音は「覇気」に通じる活き活きと魅力的な人が多いはずだから、そこにさらに何か見つけられたら素敵🍀

9月は長月ですが、木の葉が色づくことから彩月とも言う‥だから「彩」の字が苗字か名前にある人に来て欲しい。「彩」は字も音も美しいからその感覚はしっかりとその人の脳にインプットされているはず‥

てなことを、新幹線の中でにやけながら考えている私。

カテゴリー: リエコズ バー | コメントをどうぞ

リエコズ クラス


ご自分の周りの人、或いはビジネスパートナーやクライアントさんになるかもしれない人を、お名前を見ただけでどんな人かわかるとしたら‥なかなか素敵だと思いませんか?

というわけで、8月から「リエコズ クラス」という姓名判断を楽しくお勉強していただくお茶会を開催させて頂くことにいたしました。

毎月2回、都内ホテルラウンジにて2時間、会費はリエコズバーと同じ3000縁です。

尚、初回8月は27日(火)のみ、14:00〜16:00、会場は京王プラザホテルアートラウンジ《デュエット》の予定です。https://www.keioplaza.co.jp/restaurant/list/duet

ご興味がおありの方はメール(srtk8958@icloud.com)宛てにご連絡くださいませ。

カテゴリー: リエコズ クラス | コメントをどうぞ

ハナミズキ


高校時代からの友達Rちゃんが、天国に旅立ちました。

訃報を受け、私はたまたまお寺参りに訪れていた京都からその足で急遽博多に下り通夜とお葬式に参列することになりました。

式は、彼女の遺志でご実家の宗教、神道でとり行われました。もしやの時の為、予め本人がリストアップしていたという、彼女と親しかった人のみでの‥悲しいけれど本当に清々しいお別れの式でした。

式場に流れていた曲は「ハナミズキ」でした。これも、残された旦那様と娘さんへの彼女の気持ちの表れ‥

神道では、死はお別れではなく故人はその家に留まり神様になるのだそうです。

最後まできちんと立派に全てのことを仕切って逝ったRちゃんは‥

神様になったんだね🍀696F15B1-B063-49C2-BDD8-3BA8B08E6F9C

カテゴリー: お友達, 故郷 | コメントをどうぞ

エーデルワイス


京都でお寺参りをして、これから帰ろうとしていたら、Rちゃんからメールが届いた。

でも、開けてみたら‥Rちゃんからではなく、Rちゃんの娘さんからだった。

その時点でもう私はメールを読む勇気が無くて、一旦携帯をバッグにしまった。

2週間程前に交わしたメールがRちゃんとの最後のメールになってしまった。

秋にみんなで旅行に行こうって言っていたのに‥。

急遽行き先を変更して博多行きの新幹線に乗り、車窓の風景を見ていたら色んなことが思い出されて‥

彼女はピアノも歌も上手で、よく「エーデルワイス」の歌を鼻歌のように歌っていた。

あぁ‥もう一度彼女の声が聴きたかった‥。

カテゴリー: お友達, 思い出 | コメントをどうぞ

政治家のセンス


北方領土に関する問題発言で、今マスコミから袋叩きにあっている国会議員MHさんの名前を鑑定してみました。

一見して、立派なお名前です。総格も外格も、そして社会運も素晴らしい。政治家として選ばれるだけの魅力を持っている人であることがわかります。

ただ‥人格が悪い。

人格は人生の中盤、30代40代をどう生きるかを表します。30代後半のMHさんの今です。

頑固さが裏目に出て耐え忍ぶ日々を過ごす‥そんな時期。

重ねて‥彼のお名前の音を観てみますと、なるほど聡明で人の気を集める要素も多分にお持ちであるものの、冷静な判断力と行動力に欠けた雑な仕事をしてしまいがちな人だということがわかります。これは政治家としては致命的、センスが無いと言われても仕方がありません。

では、彼はどうすれば良いのでしょう。

ご自分の欠けたところをカバーしてくれる頼りになるブレーンをお持ちになることです。何故もっと早くそうなさらなかったのでしょう。

政治家に必要なことは先ずメンタルの強さ。そして、不要なものは非論理的な頑固さと意味の無いプライドだと私は思います。

カテゴリー: 名前の話 | コメントをどうぞ

本命殺と令和


結構長い間、更新をサボってしまいました‥。
4月に九州の実家に帰ってしばらく滞在した後から身体の不調に悩まされているのが原因なのですが‥。
これは恐らく「本命殺」と呼ばれるもの。
私の本命星は一白水星で、今年は西の方向に回っており、私の住む東京からは実家のある福岡はちょうど西の方向‥つまり本命星の回っている方向で凶方向ということ、これが「本命殺」です。
わかってはいたのですが、つい油断をしておりました。。。
177E45E4-6436-4927-A817-525DFE866445

久しぶりの故郷で美味しいものを満喫し、しっかり楽しんだ後、帰りの新幹線の中で突然の身体の異変が‥まるで酷いつわりのような‥(すみません)飲み過ぎ食べ過ぎだろうと言われれば、それまでなのですが‥それにしてもこの不調は長引いております‥しばらくは美味しいものもお預けかなぁ(いやいや‥大好物のチャンポンとアップルパイは別、笑)

ところで、
時代は令和へと移り‥皆様はこの令和という時代をどのように生きようと思っていらっしゃいますか?
「令和」は画数が13画。13という数字は長男を意味する数で、この数を持つとその家の柱となって家を盛り立てていく役割を担うと言われています。そして、13の基本数は4、象意は風、ここは恋人の出逢う場所でもあります。
日本という国が様々な国から注目され、沢山の国と手を繋ぎ繁栄の道を辿る‥という解釈になります。
是非とも、そうなって欲しいですね♡

カテゴリー: 健康, 吉方旅行, 故郷, 旅行, 日常生活, 気学 | コメントをどうぞ

リエコズ バー



毎月、都内ホテルラウンジにて、リエコズ バー (お試し相談セッション)を開催いたしております。

ご自分のお名前、ビジネスネーム、屋号のこと,或いは気になる人のお名前,相性などをご相談下さい。

又、タロット鑑定も承ります。

17:00~20:00の時間帯でご予約くださいませ。

会費‥3000縁

※1ドリンクオーダーをお願いいたします。
お申込みはこちらのコメント欄で↓

※お名前・ご連絡先・ご相談内容をお知らせ下さいませ。

カテゴリー: リエコズ バー | コメントをどうぞ

笑えるネタ


来月九州の実家に帰るので、高校の同級生のRちゃんに会いたいとメールをしたら夜に返信が届いた‥

年明けにRちゃんが悪性リンパ腫で闘病中であることを知ってから早く会いに行きたいと思っていたのだけれど‥彼女のメールには、一応の抗がん剤治療が終わったこと、でも結果的にはリンパ腫が再増大していたこと、なので再入院して次の段階の治療に向けて又闘病が続いていくこと‥という治療の経過をわかりやすく説明してくれた後に、病人とは思えないふくよかさと笑顔と元気はあるのですが、でも私はあてにならないからあなたの予定を優先してねとあった、

私はメールを読みながら、何故か高校時代の彼女のことを思い出していた。

そういえば昔から彼女は理路整然として、しかも堂々とした人だった。

登校して直ぐに二人でトイレに行って教室に戻ったら、もうホームルームが始まっていたことがあった。たまたまその日遅刻した生徒が多かったことに激怒した担任の先生が、遅刻した者は廊下に座れ❗️と怒鳴り、私たちはホームルームの間、廊下に座らなければならなかった。ホームルームが終わり、教室に入ることを許された私たちに、先生は遅刻の理由を一人づつ述べなさいと言った。

‥‥私が、恥ずかしいので消えいるような声で「トイレに行ってました‥」と言った後.

次のRちゃんが猛然と「私たちは、遅刻していません❗️」と抗議した。

私たちは早くに登校していた、トイレに行くという行為がホームルームの時間までかかってしまったにせよそれが廊下に座らされ、さらにはトイレに行ったという事実を公衆の面前で述べさせられるといった辱めを受けるに値することなのか!という怒りに満ち溢れた抗議だった。

Rちゃんのあまりの剣幕、迫力に、たじろいだ担任の先生は

「あ、あんたたちは二人でトイレに行かないかんとね‥、」とわけのわからないことを言って‥‥笑

みんなの失笑でその件はチャンチャン😆

そんかことを思い出していたら、メールの文字が見れなくなってしまった。

そして私は、夜遅くに彼女に又返信した。

「こっちには博多ほど美味しいものも無いから

笑えるネタをたくさんみつくろって、お見舞いに行くよ🙋‍♀️」



カテゴリー: お友達, 思い出, 故郷 | コメントをどうぞ

此岸


そろそろお彼岸‥ということすら忘れていた今日この頃‥

3年前にFacebookに投稿した下の記事を今読んで、なんだか納得した今日の私‥

お彼岸に入ったので、いよいよ季節は春めいて…桜もそろそろ咲き始めそうです。🌸

仏教では…「彼岸」の反対を「此岸(しがん)」というそうです。

「此岸」とは煩悩と迷いの世界、この世のこと。この世で修行を積んで到達する悟りの世界が「彼岸」。

その名前の通り、「此岸」という字は孤独を表す14画、「彼岸」は明るさと徳を表す16画…

たとえ孤独な修行でもこの世に生きている限り、やっぱり楽しみたいですよね‥^_^

桜の開花予報を聞きながら、そういえば「桜」という字は人を幸せにする21画だなぁと思う私でした。

IMG_8451.jpeg
カテゴリー: 名前の話 | コメントをどうぞ

リエコズ ストーリー⑤


夫は、結婚した当時から口癖のように「俺は必ず出世するから。」と言っていました。そして、その言葉通りに夫の役員就任が内定した時‥思いもよらない落とし穴が待ち受けていました。夫の同期でもあった部下が不正をし、そのことで夫に泣きついてきたというのです。不正が発覚すれば、当然上司である夫も責任を取らねばならず役員にはなれない‥それを見越した上で夫にその不正の穴埋めをして、無かったことにしてくれと言ってきたと言います‥。

もう、これで夫の役員昇格の話は無くなった‥私はそう思いました。たとえ同期の部下の頼み事であっても、そこに昇進がかかっていたとしても‥真面目な夫は正しい決断をするだろうと。

ところが内定は取り消されることなく、夫は役員に昇進しました。そしてそのことについて、私は怖くて夫に聞く事が出来ませんでした。

そんなこともいつしか忘れて、穏やかで幸せな日々が続くと思っていた矢先、夫は癌になりました。おそらく、あまりに大きな精神的ストレスが彼の身体をも蝕んでいったのではないかと私は今でもそう思っています。

人は幸せになる為に生まれてきたと言います。が、人それぞれ幸せの形は違い、それは自分の思い描いていた幸せとは違うものであったりします。「社会運」にも「総格」にも恵まれなかった夫にとっての幸せはなんだったのでしょう。少なくとも「出世」ではなかった。あの時の決断が彼の寿命を縮めてしまったとしか、私には思えないのです。


カテゴリー: リエコズ ストーリー | コメントをどうぞ

リエコズ ストーリー④


名前の鑑定を始めた頃の私の鑑定法は「桑野式」と呼ばれるものでした。これは、使われているそのままの漢字の画数で計算して鑑定を行うものです。

結婚前の夫の鑑定もこの方法で行いました。人格、家庭運が良くないという鑑定結果も、ほぼ納得出来るものでした。ただ‥総格数の40という数字にはなんとなく違和感がありました。夫は勤勉実直、顔に真面目と書いてあるような人でした。基本数4の持つ社交性や明るさ、ましてや楽天的なラフさなどは全く感じられなかったのです。

夫が亡くなった後、私は本格的に姓名学を勉強する為に「易学院」と呼ばれる占いの学校に通いました。そこで教わったのが「熊崎式」と呼ばれる旧の漢字に直した画数で鑑定する方法でした。夫の名前には「くさかんむり」のついた漢字がありましたが、その「くさかんむり」を熊崎式では3画ではなく6画で計算するのです。当然鑑定結果は全く違うものになり‥彼の名前の総格は43画、分析力に優れ、経済観念があるというこの数字の特徴と彼の性格は合致するものでした。

そして、何より‥悪いと思っていた人格が実は良くて、良いと思っていた社会運が最悪だった‥

彼は、一所懸命会社の為に働いてようやく望み通り役員になり、これからという時に癌になりました。

思えば、これが彼の人生の分かれ道だったのかもしれません。


カテゴリー: リエコズ ストーリー | コメントをどうぞ

別府保険金殺人事件、名前からの考察


新聞やテレビで報道される容疑者の名前を見て、やっぱり‥と思うことがよくあります。

1974年に九州で起こった、保険金殺人事件。松本清張の小説「疑惑」のモデルになった事件で映画にもなりました。一人の男が多額の保険をかけた妻と妻の連れ子二人を車に乗せて港の埠頭から故意に海に落ち、3人を溺死させたというものです。

この事件の容疑者A.T‥(同じ名前の方がいるとは思えないまでも、イニシャルにしておきますが)この人の名前は総格も良く、外見上は何も問題が無さそうに見えるのです。人格が悪いことと、この人格と外格が横同格になるということ以外は‥。

このA.Tという男は実は3ヶ月前に妻の籍に入る形で結婚しており、それまでの名前はY.Tでした。なので、観るべきは結婚前のこの名前なのです。そしてこのY.Tという名前も、天格、人格、地格、総格が良く、そこそこ良い名前のように見えます。

ただ、外格が悪く社会運と家庭運が最悪でした。社会運と家庭運は相反する関係にあるので、両方が悪いという例を私はあまり観たことがありません。この人はあまり人に好かれない、社会からもあまり受け入れられない、温かな家庭を作る気持ちもない、そんな人だったようです。

名前の良し悪しで、人生は左右される‥私がいつも申し上げていることです。

悪魔のようなこの男の名前は、一見それほど悪い人には見えません。Y.Tの名前の時もA.Tの時も総格が素晴らしく良いのです。

でも、ここで私はあることに気がつきました。結婚前も結婚後も、この男の名前は人格と家庭運、総格と社会運が同格になっていました。

人格は人生の中年期を表します。この男が事件を起こした年齢にあたります。

総格は人生全般、その人の使命を表すものです。

この男の人格は最悪の家庭運(この場合は本人の家庭に対する考え方)に引きずり下ろされ、総格を最悪の社会運が引っ張り降ろし、二度と社会に出られない状態になってしまったと言えるのかもしれません。

A.Tという名前も、人格と外格が横同格だと先程申し上げましたが、この同格は何より恐ろしく事故と死を表すと言われています。





カテゴリー: 名前の話 | コメントをどうぞ

黒絵羽織



嫁ぐ時に母が持たせてくれた着物、しつけがかかったまま箪笥のこやしになっていたものを今頃になって広げてみた。

何十年も経って‥それどころか着ることもないから捨てようとすらしていたことを心のなかで詫びながら、全部しつけをほどきました。

一番要らないと思っていた、黒の絵羽織。

なんか、ごめん‥紋とか付いてるのに‥

これからちゃんと着るね。

きっと今の私には、スーツ着るよりこっちの方が似合ってるかもしれないし(体型的に‥笑)

今度帰郷したら卒寿を過ぎた母に今更だけど、ありがとうって‥お礼を言っとこう‥

(ついでに、母の着物も貰ってこよう‥(笑笑))

カテゴリー: ひとりごと, 日常生活 | コメントをどうぞ