此岸


そろそろお彼岸‥ということすら忘れていた今日この頃‥

3年前にFacebookに投稿した下の記事を今読んで、なんだか納得した今日の私‥

お彼岸に入ったので、いよいよ季節は春めいて…桜もそろそろ咲き始めそうです。🌸

仏教では…「彼岸」の反対を「此岸(しがん)」というそうです。

「此岸」とは煩悩と迷いの世界、この世のこと。この世で修行を積んで到達する悟りの世界が「彼岸」。

その名前の通り、「此岸」という字は孤独を表す14画、「彼岸」は明るさと徳を表す16画…

たとえ孤独な修行でもこの世に生きている限り、やっぱり楽しみたいですよね‥^_^

桜の開花予報を聞きながら、そういえば「桜」という字は人を幸せにする21画だなぁと思う私でした。

IMG_8451.jpeg
カテゴリー: 名前の話 | コメントをどうぞ

リエコズ バー(春から初夏)



毎月、都内ホテルラウンジにて、リエコズ バー (夕暮れ時のお茶会)を開催いたしております。

ご自分のお名前、ビジネスネーム、屋号のことなどをご相談下さい。

会費‥3000縁

※お飲み物ご飲食代は各自でお願いいたします。

☆4月のリエコズ バー‥ 4月23日(火)pm5:30〜pm7:00 

京王プラザホテル東京 本館3Fアートラウンジ(デュエット)にて

☆5月のリエコズ バー‥5月28日(火)PM5:30〜PM7:00

小田急ホテルセンチュリーサザンタワー 20Fラウンジサウスコートにて

☆6月のリエコズ バー‥6月25日 (火)PM5:30〜PM7:00

吉祥寺第一ホテルラウンジにて

お申込みはこちらから↓

E−mail         srtk8958@icloud.com

※お名前・ご連絡先・ご相談内容をお知らせ下さいませ。

カテゴリー: リエコズ バー | コメントをどうぞ

リエコズ ストーリー⑤


夫は、結婚した当時から口癖のように「俺は必ず出世するから。」と言っていました。そして、その言葉通りに夫の役員就任が内定した時‥思いもよらない落とし穴が待ち受けていました。夫の同期でもあった部下が不正をし、そのことで夫に泣きついてきたというのです。不正が発覚すれば、当然上司である夫も責任を取らねばならず役員にはなれない‥それを見越した上で夫にその不正の穴埋めをして、無かったことにしてくれと言ってきたと言います‥。

もう、これで夫の役員昇格の話は無くなった‥私はそう思いました。たとえ同期の部下の頼み事であっても、そこに昇進がかかっていたとしても‥真面目な夫は正しい決断をするだろうと。

ところが内定は取り消されることなく、夫は役員に昇進しました。そしてそのことについて、私は怖くて夫に聞く事が出来ませんでした。

そんなこともいつしか忘れて、穏やかで幸せな日々が続くと思っていた矢先、夫は癌になりました。おそらく、あまりに大きな精神的ストレスが彼の身体をも蝕んでいったのではないかと私は今でもそう思っています。

人は幸せになる為に生まれてきたと言います。が、人それぞれ幸せの形は違い、それは自分の思い描いていた幸せとは違うものであったりします。「社会運」にも「総格」にも恵まれなかった夫にとっての幸せはなんだったのでしょう。少なくとも「出世」ではなかった。あの時の決断が彼の寿命を縮めてしまったとしか、私には思えないのです。


カテゴリー: リエコズ ストーリー | コメントをどうぞ

リエコズ ストーリー④


名前の鑑定を始めた頃の私の鑑定法は「桑野式」と呼ばれるものでした。これは、使われているそのままの漢字の画数で計算して鑑定を行うものです。

結婚前の夫の鑑定もこの方法で行いました。人格、家庭運が良くないという鑑定結果も、ほぼ納得出来るものでした。ただ‥総格数の40という数字にはなんとなく違和感がありました。夫は勤勉実直、顔に真面目と書いてあるような人でした。基本数4の持つ社交性や明るさ、ましてや楽天的なラフさなどは全く感じられなかったのです。

夫が亡くなった後、私は本格的に姓名学を勉強する為に「易学院」と呼ばれる占いの学校に通いました。そこで教わったのが「熊崎式」と呼ばれる旧の漢字に直した画数で鑑定する方法でした。夫の名前には「くさかんむり」のついた漢字がありましたが、その「くさかんむり」を熊崎式では3画ではなく6画で計算するのです。当然鑑定結果は全く違うものになり‥彼の名前の総格は43画、分析力に優れ、経済観念があるというこの数字の特徴と彼の性格は合致するものでした。

そして、何より‥悪いと思っていた人格が実は良くて、良いと思っていた社会運が最悪だった‥

彼は、一所懸命会社の為に働いてようやく望み通り役員になり、これからという時に癌になりました。

思えば、これが彼の人生の分かれ道だったのかもしれません。


カテゴリー: リエコズ ストーリー | コメントをどうぞ

別府保険金殺人事件、名前からの考察


新聞やテレビで報道される容疑者の名前を見て、やっぱり‥と思うことがよくあります。

1974年に九州で起こった、保険金殺人事件。松本清張の小説「疑惑」のモデルになった事件で映画にもなりました。一人の男が多額の保険をかけた妻と妻の連れ子二人を車に乗せて港の埠頭から故意に海に落ち、3人を溺死させたというものです。

この事件の容疑者A.T‥(同じ名前の方がいるとは思えないまでも、イニシャルにしておきますが)この人の名前は総格も良く、外見上は何も問題が無さそうに見えるのです。人格が悪いことと、この人格と外格が横同格になるということ以外は‥。

このA.Tという男は実は3ヶ月前に妻の籍に入る形で結婚しており、それまでの名前はY.Tでした。なので、観るべきは結婚前のこの名前なのです。そしてこのY.Tという名前も、天格、人格、地格、総格が良く、そこそこ良い名前のように見えます。

ただ、外格が悪く社会運と家庭運が最悪でした。社会運と家庭運は相反する関係にあるので、両方が悪いという例を私はあまり観たことがありません。この人はあまり人に好かれない、社会からもあまり受け入れられない、温かな家庭を作る気持ちもない、そんな人だったようです。

名前の良し悪しで、人生は左右される‥私がいつも申し上げていることです。

悪魔のようなこの男の名前は、一見それほど悪い人には見えません。Y.Tの名前の時もA.Tの時も総格が素晴らしく良いのです。

でも、ここで私はあることに気がつきました。結婚前も結婚後も、この男の名前は人格と家庭運、総格と社会運が同格になっていました。

人格は人生の中年期を表します。この男が事件を起こした年齢にあたります。

総格は人生全般、その人の使命を表すものです。

この男の人格は最悪の家庭運(この場合は本人の家庭に対する考え方)に引きずり下ろされ、総格を最悪の社会運が引っ張り降ろし、二度と社会に出られない状態になってしまったと言えるのかもしれません。

A.Tという名前も、人格と外格が横同格だと先程申し上げましたが、この同格は何より恐ろしく事故と死を表すと言われています。





カテゴリー: 名前の話 | コメントをどうぞ

黒絵羽織



嫁ぐ時に母が持たせてくれた着物、しつけがかかったまま箪笥のこやしになっていたものを今頃になって広げてみた。

何十年も経って‥それどころか着ることもないから捨てようとすらしていたことを心のなかで詫びながら、全部しつけをほどきました。

一番要らないと思っていた、黒の絵羽織。

なんか、ごめん‥紋とか付いてるのに‥

これからちゃんと着るね。

きっと今の私には、スーツ着るよりこっちの方が似合ってるかもしれないし(体型的に‥笑)

今度帰郷したら卒寿を過ぎた母に今更だけど、ありがとうって‥お礼を言っとこう‥

(ついでに、母の着物も貰ってこよう‥(笑笑))

カテゴリー: ひとりごと, 日常生活 | コメントをどうぞ

リエコズ ストーリー③


私は九州の福岡で生まれ、結婚するまで親元を離れることなく育ちました。

恋愛結婚を望むも成就することなく、3度お見合いをして3度目のお見合い相手と結婚をしました。

別に条件が良かったわけではありません(寧ろ親元から反対されたくらいの条件の悪さでした)‥でも、私は早く家を出たかった‥

当時25歳になろうという年齢の娘にとって親元は決して居心地いい場所ではなく、夫になる人には申し訳ないけれど、とりあえず結婚してから後のことは考えようという全く安易な気持ちで私は結婚したのでした。

結婚後の生活は‥決して順風満帆とは言えなかったものの、子どもにも恵まれそれなりの幸せを感じる日々でした。

ところで、結婚相手の名前の鑑定はどうだったのか?と聞かれそうですが‥もちろん鑑定させてもらいました。結果は、あまり良くありませんでしたが。。。

ちなみに夫の名前は、その時の私の鑑定法では外格と家庭運に難ありでした。

その鑑定通り、外格の悪さは彼の雰囲気に表れていて周囲の人たちにあまり好感をもたれないタイプの人ではありました。

出張も多く、これが家庭運の無さに繋がっているのかなと思っていました。

しかし、この鑑定は後に全く異なる形となって私たち家族に災難をもたらすものとなっていきました。


カテゴリー: リエコズ ストーリー | コメントをどうぞ

社名の変更


起業家の皆様は、ご自分の屋号やビジネスネームのことをどんなふうに考えていらっしゃいますか?或いはご自分の屋号やビジネスネームをどのようにお決めになられましたか?

企業にとっての屋号は社名になるわけですが、社名というものも、一度決めたからといって永久にその社名が続くとは限りません。

現に2005~2017年の12年間で599社もの上場企業が社名を変更し、去年も多くの会社が社名を変更しています。

社名を変更する理由としては、主に3つのことがあげられるようです。

①会社の認知度とブランドイメージを上げるため

②事業展開に沿った環境の変化に適応するため

③社名変更することによる宣伝効果で新規顧客へのリーチ、売り上げに繋がる可能性がある

記憶に新しいところでは、旧社名「旭硝子」が2018年7月に「AGC」に社名を変更しました。

又スバル車の旧社名、富士重工業は2017年に「SUBARU」に社名を変更しています。

そして、どちらも旧社名より確かにブランドイメージもオーラの輝きも上がっています。

ただ個人的には、(特にSUBARUに関して)若干思うところがありますがここでは置いとくとして‥

このように、社名の変更はマーケティング戦略の一つとも言えます。

そうやって考えていくと、社名=屋号も経営資源の一つだと考えても良いのではないか‥

 人、モノ、金、情報、時間、そして知的財産‥その全てをひっくるめての看板が社名であり、屋号です。

自分のビジネスを背負っていく「看板」は、くすむことなくいつもピカピカに磨かれていなくてはなりません。

その「看板」にあなたの素敵な姿は映っていますか?

カテゴリー: 屋号・ビジネスネーム | コメントをどうぞ

リエコズ ストーリー②


私が「姓名判断」と出会ったのは、今から40年ほども前のこと‥

母親が気まぐれに買ってきた「姓名判断」の本をパラパラとめくっていたら、なんだかすごく興味がわいて‥そこからどんどん「名前」の世界にのめりこんでいったのを覚えています。

友達の名前の鑑定から始まり、テレビに出ている有名人の名前、ニュースで伝えられる犯罪者の名前、自分なりに鑑定していくうちに、その当たる確率の高さから一端の占い師気取りになっている自分がいました。

名前って、すごいんだ!

人は生まれると直ぐ親からの愛情が込められた「名前」をつけられ、その名前を日に何度も何度も親や周囲の人間から呼ばれて育ち‥学校にあがる頃になると今度は苗字とともにフルネームで呼ばれるようになります。こうして、人は毎日名前を脳にインプットされ続けながら成長していくのです。

まさに名前はその人そのもの、その人の取り扱い説明書のようなものだと言っても過言ではない、そう私は思いました。

ただ、その当時の私はまだまだ本当のお名前の意味というものを理解してはいませんでした。


カテゴリー: リエコズ ストーリー | コメントをどうぞ

リエコズ ストーリー①



東京に来てから今年で5年目になりました。

こっちに来て直ぐに家族になったラグドールのチャロサンも5才になってだいぶ落ち着いたお姉さんニャンコになりました。庭に植えた小さなローレルの木も屋根に届くほどの高さになり‥そして、今年の年賀状がほぼ梶原梨笑子宛てできていたことになんだかしみじみ喜びを感じる今日この頃。

旧姓の梶原に戻り、籍を抜いたのが2年前。

この先笑って過ごそうと「梨笑子」に改名しようと裁判所に申請しましたが認められず。。。

なので「梶原梨笑子」は私のビジネスネームです。が、しかしどんな時も私は「梶原梨笑子」として、生きています。

ここに至るまで12年。

波乱万丈とも言える12年でした。

カテゴリー: リエコズ ストーリー | コメントをどうぞ

ビジネスネームのすすめ


もし、あなたが‥「名前」を単なる呼称と捉えているのなら、そして姓名判断を軽く「占い」のカテゴリーに位置付けしているのだとしたら‥知って欲しい‥

ご自分のお名前の意味を知っていますか?

そこにどんな情報が詰まっているか考えたことがありますか?

さらには、あなたが潜在的に求めているもの、求めている人、求めているご自分の生き方についてそれらがお名前から導かれるとしたら‥

あなたの人生の看板であるご自分の「名前」について大切に考えないのは、ご自分の人生に真剣に向き合っていないのと同じだと言えます。

平安時代、僧はその頃から本名とは別に僧名というもう一つの名前を持っていました。これは、自分の命を守る意味もあったと言われています。もう一つの名前を前面に出すことによって自分の名前(命)を外敵から守るということですね。当時の僧 は大きな権力を持っていたので、当然外敵も多かったのでしょう。

現代でも、芸能関係、クリエイターを始めとして経営者などの多くの方にビジネスネームは使われています。

中には、会社ぐるみでビジネスネームを使っていらっしゃるところもあります。「レンタルのニッケン」がそうです。「会社は劇場、社員は役者」という考えのもと、全社員がビジネスネームでお仕事をされているそうです。

仕事はプロ、プロのビジネスネームでしっかりと働き、仕事を離れたら本来の自分に戻り自分の時間や家庭を大切にする‥素敵な会社ですね。

少し語弊があるかもしれませんが、名前にも「格」というものがあります。社会で活躍していらっしゃる方、偉業を成し遂げる方は、やはりそれなりの素晴らしい「格」のあるお名前を持っていらっしゃいます。

当然のことながら、そんな素晴らしいお名前を持っている方はごく僅かです。だからこそ、もう一つ素晴らしい「格」のあるお名前を持ちそれを前面に出して、人生の格も上げていただきたい。

それが本来のご自分の人生、本来のご自分のお名前(命)を守ることにも繋がっていくと思いませんか?

 

カテゴリー: 屋号・ビジネスネーム | コメントをどうぞ

生の延長線上には‥


そろそろお正月気分から日常の生活に戻らなくては‥と思い始めた頃、めずらしく高校の同級生のMちゃんから電話。

「Rちゃんの年賀状見た?」‥そう言えばRちゃんからまだ年賀状が来てない。いつも彼女からの年賀状はお正月過ぎた頃にくるから、あまり気にしてなかったけれど‥ 「あのね、悪いお知らせやねん‥。」

Mちゃんによると、Rちゃんは去年悪性リンパ腫と診断されてずっと闘病生活を送っていると年賀状に書いてあったそうで、びっくりしたMちゃんはRちゃんに手紙を出そうと思うのだけど‥なんて書いたらいいのわからないと‥

「生の延長線上には遅かれ早かれ死があることに気付かされた昨年でした。」そんなん書いてあったら、もう切なくなって‥そう言うMちゃんも10数年前に乳癌で闘病生活を送った経緯があるから、なおさらなのだと思う‥。

「私なぁ、出来たらRちゃんと私とリエちゃんと、福岡と東京の中間地点あたりで待ち合わせて旅行したいと思っててん‥。」そうやねぇ。行きたいねーいや、これから先何があるかわからんのやから、行ける時に行っとかなあかんね❣️‥

とりあえず、様子を見て春頃に一緒に九州にRちゃんの顔を見に行こう!と約束して電話を切ったのだけれど‥やっぱり気になって、だったら直接本人に様子を聞こうと思い立ち、Rちゃんに電話をした私。

Rちゃんはいつものように、明るい声で「仕方ないよね。」と笑っていて、私は私で彼女を笑わせなければとずっとずっと喋り続けた。「あのね、ストレスが一番あかんから、なんも我慢しんしゃんなよ。嫌いな人とは会わない、嫌なとこには行かない。好きなものを食べて幸せな気持ちになって‥。」どこの方言やねん‥って言葉で‥

そして、元気になって三人で旅行しようね。 「そうね、わかった。行こう行こう❣️秋になったら絶対行こうね。私しばらくは死なないから‥。」

翌日Rちゃんからの年賀状がようやく届いた。年賀状の最後に「春頃に治療の一応のメドがたったら、これからの人生を大切に生きたいと思っています。」とありました。

私ももちろん、これからの人生、大切に生きていきたいとあらためて思っております🍀

カテゴリー: お友達 | 2件のコメント

激レアな元旦の出来事


あけましておめでとうございます㊗️

2019年のお正月、皆様いかがお過ごしでしょうか?穏やかで楽しい時間をお過ごしのことでしょうね。

我が家の元旦も、ダラダラと遅めの起床であっても家族全員が揃ってから一年の始まりの挨拶をしてお屠蘇をいただき、お雑煮おせちを食した後おもむろに年賀状を見て‥と毎年こんな感じで穏やかに過ぎていくのですが‥いや、そこまではいつもと変わらぬ穏やかな元旦だったのですが‥

それから家の外に出て駐車場の愛車を見た長男と長女が血相を変えて私を呼びに来て。。。

ひぃーーーっ⁉️

車のフロント左側がボコ〜ッ!と無残に凹んでる。。。(T_T)

なんで‥なんで‥

昨日みんなで年越し蕎麦を食べに出掛けてた時はなんともなかったのに‥

そういえば‥昨日夜中に変な音がしたと長女が言い、私も半分寝ぼけてはいたけれど、確かにガシャンと音がしたのは覚えてる。あ〜あの時、起きて確かめるべきだった‥

でも、自宅の駐車場に停めててあて逃げされるって、どーゆーこと❓❓❓⁉️しかも年明けに‥

ひどすぎません‼️我が家の愛車にあて逃げしていった人‥

早速、保険会社に電話して警察にも連絡して‥近くの派出所のお巡りさんが駆けつけて下さいました。

高尾署から交通課の専門の警察官も来て、(そんな大事になるとは正直思ってなかったのですが‥)

静かな元旦に、パトカーが二台 我が家の前に停まっているという異様な光景。。。

ただあまりにも普通では無い出来事なので、ドライブレコーダーを調べたり、 異変に気づく前に出掛けたコンビニであて逃げされたのでは、と コンビニの駐車場の監視カメラを調べてもらったり‥

警察の方にはずいぶんお世話をかけました。

結局犯人はわからなかったけれど、 もしかしたらわからない方が良いのかもという思いもあり(ご近所のこともあり)

翌日、神社にお祓いを兼ねた初詣に行き、その足でお世話をおかけした派出所のお巡りさんにお礼を言いに行ってきました。

長女いわく

我が家にふりかかる災難を、この車が肩代わりしてくれたのかもよ

そうかもねーそうゆーことにしておこう🍀

それにしても、修理代いくらかかるんやろう。。。(ノ_<)

カテゴリー: 家族, 日常生活

クリスマスツリーメモリー


宮ヶ瀬ダムのクリスマスイルミネーションを観に行ってきました。

大きな樹がそのままデコレーションされたこのジャンボクリスマスツリーが私は大好きで毎年この季節はこのツリーを観にここに訪れます。

クリスマスというと‥我が家にはとてもとても辛い思い出があって、11年前、それまで毎年飾っていたクリスマスツリーもリースも、楽しい家族の思い出の詰まったクリスマスグッズの全てを捨ててしまいました。

今も、我が家にクリスマスツリーはありません‥

が、クリスマスはやっぱり好き‥♡

だから、この時期はイルミネーションを楽しみます。

会場の中で、大正琴の演奏をやっているところがありました。寒い中、そして譜面も見え辛そうな時間帯に女性だけのグループでの演奏‥みんなが知っているクリスマスソングから白い恋人たち、ロック調運命など‥素晴らしい演奏に聴き入ってしまいました。

どちらかというとご年配の(あ、ワタクシくらいの年齢ね💦)の女性のステキな演奏❤️

いつも思うのです。

歳をとってる場合ではない‥やりたいことやらなくちゃ‥

やり残した事がないようにね🍀✨

#宮ヶ瀬イルミネーション

#12月25日まで

#巨大クリスマスツリー

カテゴリー: ひとりごと, 季節のイベント

僕の前に道が出来る


CF0C9E17-3503-49FF-82FF-AE2F6BDC93D9

今、私の家の近くに広がっていた畑が大きな道路に変わりつつあります。
畑の中に建っていたご近所の立派なお家も取り壊されて
更地になり
景色がまるで変わってしまいました。
引越ししてきて、たかだか4年目の私でも
なんだか切なくなるのだから
地元の人たちの気持ちも複雑なのでしょうね‥

僕の前に道は無い
僕の後ろに道は出来る

高村光太郎の「道程」

私の後ろには長い長いもう見えないくらい(笑)細くて凸凹した道が出来ています。

でも
私は
私の前にも
道が出来るのを
今感じています🍀

カテゴリー: ひとりごと, 季節のイベント, 旅行

アンフリージアという屋号


私の屋号「アンフリージア」‥一本のフリージアの花‥には私の一つの思いが込められています。

私の大好きな色、紫のフリージアの花言葉は「憧れ」

憧れの自分‥昔憧れていた、なりたい自分に

今なれているかしら‥

人生は、初年期、中年期、晩年期と

三つの大きな時期に区切られていて

10代20代の初年期、

30代40代の中年期、

50代以降は晩年期ということになります。

30代~40代は人生の一番大切な部分

‥とこれまで言われてきました。

でも、長寿の今の時代、

晩年期はとても長くなりました。

如何にこの晩年期を

充実したものにしていくか

それはもしかしたら、中年期以上に

重要なことかもしれない

自分の人生を振り返って‥

では無く、

自分で素敵だと思える今を生きているか‥

日々

自らに問いながら過ごす

今日この頃の私です(^_^)

カテゴリー: 屋号・ビジネスネーム

お酒ライフ


こんにちは🍀

秋らしくなりましたね‥というか急に寒くなりました‥

先日、久しぶりにおでんにしようと材料を買いにスーパーに行き‥

真っ先に買ったのは、日本酒でした(笑)

この世の中からお酒が消えたら、何も楽しみが無くなっちゃう‥くらいお酒が好き、でした‥以前はね。

それがある時期から

何故か身体がお酒を受けつけなくなって

お酒が強い人から、お酒を呑めない人に。。。

ここ数年、最初から呑めなかった人みたいに日々を過ごしてきましたが、

なんかそれもそろそろ終わりの気がする‥また、以前のように呑める気がする。

ということで、美味しいお酒ライフ再開いたしました♡(^_^)

ひとつのサイクルが終わり、又新しいサイクルに入ったようです。💫

ちなみに‥

今日、次のステージに上がる為に

髪をめっちゃ切りました(笑笑)

カテゴリー: ひとりごと, 日常生活

叔母のこと


今日は、このブログを始めた記念日だということで‥

かと言って、別にそれとはなんの関係も無いのですが(^_^’)‥先日久しぶりに(たぶん40年ぶりくらい)郷里の従兄弟と電話で話をしました。従兄弟の母、私にとっての叔母が先月亡くなり、弔電とお香典を送ったことへのお礼の電話でした。

叔母は私の母の姉、母は九州の三潴郡の出身で、母を含め母方の親戚は独特のイントネーションの方言を話します。

「りえちゃんな、えらい都会に行かしゃったもんじゃけん‥。」あ、いやいやそれが都会じゃないとよ。東京とはいえ、私の住んでるとこは、めちゃめちゃ田舎なのよ‥。懐かしい方言を聴きながら、私は小さい頃この従兄弟や叔母との思い出に想いを馳せておりました。

叔母はいつもお化粧気のない人でしたが、とても美しい人でした。若き日の叔母を見初めた国鉄の職員だった叔父は、戦時中だったか戦後だか、とにかく食料が手に入らない時代にどこで調達したのか缶詰めやらなんやら色んな贈り物(?)を持って遊びにくるようになり、 結果祖母に気に入られ、叔母を射止めることが出来たと母に聞いたことがあります。

叔母は信心深い人で、私の結納の時手伝いに来てくれたのですが、その時に何かを感じたらしく自宅に帰ってから高熱を出し寝込んでしまったとかで‥この結婚は大丈夫なの?と後に母に聞いていたそうです。

確かに‥大丈夫ではなかったかもしれない。。。

叔母はそして、最愛の息子、前述の従兄弟の弟を不慮の事故で亡くし、そのことが原因で喋ることが出来なくなり‥

それを聞いたのはもう何年も、何十年も前のことでした。長い時間の中で、私は一度も叔母に会いに行かなかったことを、今さらながら悔いています。

次に帰省した時、必ず叔母さんにお線香をあげに伺うわね。そう約束して‥何故だか今頃涙が止まらなくなってしまった‥。

カテゴリー: 故郷, 日常生活

愛の1ピース


あのね

いつの間にか 気づいたんだ

愛に もし カタチがあって

それがすでに

わたしの胸に はまってたなら

きっとずっと

今日よりもっと

あなたのことを知るたびに

そのカタチはもう

あなたじゃなきゃ

きっと隙間を作ってしまうね

(MISIA ♪「アイノカタチ 」より抜粋)

某ドラマの主題歌♪

ステキな歌ですよね♡

先日ワタクシは一つ歳をとってしまいましたが

お誕生日に何が食べたい?

と家族に聞かれて

アップルパイをリクエストした私

アップルパイには

りんごの甘酸っぱさと共に

昔むかしの切ない思い出も

詰まっていたりする‥

こんがり焼けた温かなアップルパイの1ピースに冷たいアイスクリームが添えられ

最高に美味しいデザートでございました💕

カテゴリー: グルメ, 記念日, 家族

久しぶりのお盆里帰り


本当に久しぶりに(たぶん10年ぶりくらいに💦)「家族全員」で里帰りをしました。

超高齢の90代‥さすがに身体は衰えてきたものの、頭と口(?)はまだまだしっかりしている父と母。

私と妹、共に旧姓に戻ったもう全く若くない娘たち(笑)‥と、やや若者のその子供たち(笑)とでお墓掃除と実家の断捨離を手伝い、

それから‥

父のリクエストで、父のとっておきのウイスキーでハイボールを作ってみんなで乾杯して

美味しいお魚、美味しいお菓子、美味しいラーメン❣️を堪能して‥(本当に博多の食べ物は美味しい❤️)

幸せな里帰りを過ごしました💕

女三界に家なし‥色々あって、正直もう博多には帰らないと思ったこともあったけれど

やっぱり、ここは私の故郷なんだとしみじみ思ったお盆休み🍀

カテゴリー: 故郷